2009年09月18日

08-09シーズンWOWOWのリーガエスパニョーラ放送の問題点。

WOWOWのリーガエスパニョーラの放送問題が遂に再燃してしまいました。良く分かっていない人からは「放送があればいいのでは?何で生放送とかにこだわるの?」などと心無い意見を受ける事もありますが、ファンにとっては死活問題です。WOWOWにお金も払っておりますので、意見を言う権利はあります。まあ、良く分かっていない人たちは有料放送なんて見ませんから関係も無い事です。
ここでは、問題点を洗い出し、解決策を提起していこうと思います。
また、カスタマーセンターへの意見の言い方についても少しは触れてみます。

この長さでもダイジェスト版なのですが、もっと気になる方は当サイトの別館「Wの悲劇」ページをご参照ください。

まず、スポーツ放送に求められる前提条件を定義してみましょう。
(1)生放送。
(2)多くの試合を放送。

この2つが基本ですね。理想は全試合生放送でしょうが、さすがにそれは無理なので、一定の目標設定が必要となります。
どれが目標かという事になると、プレミアやセリエの放送と同等レベルが一つの基準になると思います。
●プレミアリーグ/毎節5試合程度。4試合程度生放送。再放送多数。
●セリエA/毎節5試合程度?変則すぎますが。ほぼ生放送。再放送多数。
(ザッと見ただけなので、訂正あればいくらでも言ってください!!)

対する09-10シーズンのリーガ・エスパニョーラの放送はこんな感じです。
(1)毎節4試合。ミッドウィークは3試合に減少。再放送は各1回。
(2)土曜日(深夜)に1つと日曜日(深夜)に3つの放送時間固定枠。
(3)中村、バルセロナ、マドリの枠は確定。残りの1枠はその他有力チーム。恐らく生放送枠にハマる時間帯にやっているチーム優先。
(4)確定3枠の中での優先順位は、中村>バルセロナorマドリ>その他のチーム。つまり、土曜日に3つの放送優先チームの予定が重なると、1つが土曜日放送にされ、2つが1日遅れの放送となります。

■問題点
(1)優先順位の設定。なぜ昨年の優勝、2位のチームよりも日本人が所属しているだけのチームが最優先されてしまうのか?
(2)時間枠が固定されているために(1)の優先順位にしたがって試合が割り振られるだけなので、1日遅れの放送がたやすくできうる状況にある。特に、チャンピオンズリーグが絡む週となると、土曜キックオフの試合が多いために簡単に放送枠があぶれる。
(3)ここ2年の実績だと、バルセロナorマドリーのどちらかが最優先。不満がありながらもそれが妥協点だった。そして、今年もそれを想定して加入を続けても、他に最優先されるチームが出てきてしまった。今までの加入者からすると非常に裏切られた気分。しかも、優先順位は明確にされていないため、状況が分からずに退会できず、ズルズルと加入しつづけてしまう人にとってはサービスに不満がありながらも金を搾取される状況が続く。
(4)このネット時代に情報遮断なんて、できるわけないでしょうが!
〈以下、言いたいけど我慢している事。〉
(5)ダイジェスト番組がクソ。
(6)リピート少ない。
(7)生放送で無い時は、ハーフタイムのダラダラ放送はやめてね。
(8)生放送で無い場合、せめて放送順は試合をした順番で放送できないか?

■解決策
(1)優先順位の再設定。バルセロナとマドリは外せないので、その他は強い順でしょうか。基本、バルセロナとマドリは現地でも同じ時間にキックオフはしないハズ。
(2)中村枠を含めて5試合の放送。しかし、中村枠はリーガとは別設定でお願いします。リーガに中村が来たというよりは「中村の冒険」という新しい番組の権利を取った感覚での対応をお願いします。状況によっては同時間帯別チャンネルでリーガの試合と「中村の冒険」が放送される事は仕方ないし、当然の事でしょう。
(3)土曜日と日曜日の放送枠は合計5試合になるようにフレキシブルな設定を求めます。全戦HV放送という宣言をあっさりと「都合により変更する」なら、土曜や日曜の日程の変更なんてたやすいハズ。
(4)日曜日に4試合の放送(ほとんどが月曜早朝になりますが。)が出来ないならば、1試合のみ月曜深夜も認めましょう。

こんな所でしょうか。
あとは、この意見の数を集めてW社を動かしていくしか無いと思います。

■問題提起する先についても考えてみました。
以下の方々を敵に回すのはリーガファンにとって凄まじい損失です。
決して失礼な言回しにならないよう、味方になってもらえるようにお願いしてみてはどうでしょうか?

BPO(放送倫理・番組向上機構)
フォームから意見は500文字制限。電話は手短に。フリーダイヤルでは無いので、関東在住で平日自由な人、お願いします!!

W社の番組放送審議会委員への個別お願いメール。
ひとり、いるんですよね。スポーツ畑の方が。その人に味方になってもらえれば、と思うのですが。
スポーツ畑の方なら、今の状況がいかに理不尽なことかを理解してくれると思うんです。ドン小西はいつのまにかいなくなってますね。

担当アナウンサーへのメール。
久保田アナはブログではなかなか骨のある意見を言ってくれていますね。
ウィキペディアにて、結構便利なページが。リンクをたどるとオフィシャルブログに行ける人がいくつか。

解説者へのメール。
こちらもウィキペディアで便利なページが。ちょっと古いか?
で、ブログにもあまりたどり着けません。

■オマケ1 W社カスセンでのよくある反論に対する反論集。
(1)―当社は総合チャンネルなので、スポーツばかりを優先する訳にはいきません。
 →ならば、権利を独占しないでいただきたい。独占した以上、他のリーグと同等の放送をする義務があります。有料放送ですからね。
そして、ゴールデンタイムの時間をよこせと言っている訳ではありません。土曜日、日曜日のAM0:00〜7:00までの時間帯をもっと有効に使いましょうと提案しているだけです。しかも、その時間帯に放送しているR15とかの映画は、中止になってもタイトルを言うのが恥ずかしいので、「なんで“奥様は痴女”はやらないんだ?」とか「中止になった“新初体験物語 ミラクルチェリー★ボーイ”はいつやるんだ?」とかのクレームは一切来ないはず。なのであなたの仕事も楽になりますよ。こんなリーガファンの痛いクレーマーを相手にしなくても良い訳だし。
(2)―こんな意見は初めてです。称賛の声もいただいております。他のお客様の意見をあなたに教える事はできません。
 →何故、称賛があるという事は言うのに、批判があるとは言わないのか?こちらの気勢を削ぐためにテクニックを使っていただかなくても結構です。リーガをマトモに見たいと思っていて電話をしている仲間はたくさんいる事を私は知っているので。
(3)―中村選手を見たいという声もありますので…。
 →8月末での加入者数は6,900名。ちなみに昨年の8月末での加入者数は32,000名。そんな一部の声を言い訳にされても困りますが。しかも、新規加入者ばかりを優遇するのですか?以前からの加入者は、中村選手とは関係ないと思いますが。
(4)―お客様からの意見は承りますが、こちらから出せる情報はありません。私の意見も必要ないと思います。
 →●●さん(担当者)に、私の意見を理解してもらえたか、意見に賛同してもらえたかによって、●●さんの上へのクレーム報告の力の入れ方が変わってくると思うんですよ。だから、ていねいに我々の窮状を説明しているんです。で、情報を出せないと言いますが、あなたは「番組情報管理(1人目を突破すると出てきます。まだ今年はこれ以上粘っていないので、突破していません。)」の人ですよね?情報を管理しているなら、少しは状況の説明をしてくださいよ。
(5)―加入者は増えてます!(マジで言われました。確かに09年8月だけなら増えてるんですけどね。)
 →2003年8月のリーガエスパニョーラ権利取得時から現在(2009.8)で2万人減ってますけど。しかも、その人数に2008年4月から導入のデジタルダブル制度の14万人が含まれているという事は、金額ベースでそれから7万人減でもおかしくないですよね。「総合チャンネルだから対応できない部分もある」と良く言いますが、リーガエスパニョーラだけでなく、映画もライブもドラマも中途半端なためにそれぞれの支持者から支持を受けていないのでは無いですか?それらの中から我々は“リーガ部門”の問題点を消してあげようと、意見を言っているというふうにはなぜ受け取れませんか?なぜ長い間、意見を汲み取ってくれないのでしょうか?

■オマケ2 予備知識
(1)「WOWOWコミュニケーションズ」という会社が、W社カスタマーセンターの会社みたいですね。他社のアウトソーシングも受け付けているようです。
(2)少なくとも、名前を名乗って自分の電話番号などを言うと、コミュニケーターの画面には、過去の文句の履歴や対応などが出てくるようです。
(3)あまり積極的に名前を聞いてこない所から、ナンバーディスプレイから既に上記の情報は出てきている気もする。
(4)1名突破すると「番組情報管理」の誰かが出てくる(Wコムのスーパーバイザーの事かな?)。以前の「お客様相談室」の誰かと比べると、回答がかなりそっけなく、途中から同じ答が続く(「私の方から言える事はお客様の貴重なご意見を上へ上げるだけです。私の意見は必要ありません。そのように悪い意図で取ってしまわれるのは、お客様のご自由ですが、こちらとしては決して今言った以上の意図はございません。」の繰り返し。)ところからみると、どんなに揺さぶってもバカのふりをし続けているため、これ以上は行けない気がします。まあ、数時間粘れば別の展開もあるのかも知れませんが。しかし、どんどん突破する事よりも「多くの人が」「特定の要望を」上げる方が良いのかな?とも思います。恐らく、(2)と(3)から、1人が一生懸命活動したところで「バカが一人トチ狂っている」としか集計されないのかも。
(5)コミュニケーターは200名からいるので、心してかかりましょう。
(6)日本中に支店があるので、どこにいる人と喋っているかは分かりません。以前は私は良く沖縄の人と喋ってました。
posted by sugwi at 19:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このページを見ながら電話するといいですね。
Posted by うら丸 at 2009年09月19日 10:44
sugwiさんの意見は本当に的確だし漏れが無い。自分では言いたいんだけどどう表現していいかわからない所、痒い所に手が届くというか…流石です。完璧ですね。所々ウィットに富んでいるのも個人的に最高です(笑)

自分もここを見て事前対策をしっかり練ってから電話します!!
Posted by IL at 2009年09月19日 12:50
さて、9月末の加入者が発表されて、マイナス一万人程度となりました。
ナカムラ選手目当ての加入者よりも、何らかの要因(我々はリーガのクソ編成と見ますが、映画もひどいものです。)で減少している事は間違いありませんので、攻撃材料は増えました!

放送充実のためのアドバイスをしてあげているだけなのに、なんでここまでかたくなに拒否するんかねー、アイツらは。
Posted by sugwi at 2009年10月08日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128338131
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。